猫アレルギーの人が猫と暮らすためのポイントとは?

アレルギー発症の仕組みについて

以前から「犬と猫のどちらの方が好きか」という意識調査は繰り返し行われてきたようですが、長い間犬好きの方が優勢という結果が続いてきたといいます。
これには、日本人が古来より犬と一緒に暮らしてきたという長い歴史も関係しているかもしれません。
ところが最近になって少しずつその調査結果に変化が表れ始め、じりじりとその差を詰めてきた猫派が数年前にはついに犬派を上回る瞬間がやってきたというのです。

忙しい日常生活を送っている現代人は、無条件に自分を受け入れてくれて全身全霊をかけて甘えてくる愛らしいペットに癒しを求めることが多いのではないでしょうか?
最近ではペットの飼育が可能な賃貸物件が多くなったというだけでなく、平均的な婚期が遅くなったことで自分の生活を充実させる傾向が強くなったことも影響し、ひとり暮らしの部屋でペットとの暮らしを楽しむという人が増えているようです。
しかし、仕事をしながらペットを飼うということは決して楽なことではなく飼育環境を整え、毎日のエサやりや散歩などについても責任を持って行う必要があります。
総合的な飼いやすさから言えば、犬よりも小型であることが多く散歩に連れていく必要もないという猫の方に軍配が上がるのかもしれませんが、ペットアレルギーの中で最も発症率が高いのは猫アレルギーだという事実を無視することはできません。

しかし重症度にもよると思いますが、大抵の場合は発症してしまったとしても工夫しながら猫のいる生活を続けていくことが可能だといいますから過度な心配はしなくてもいいでしょう。

おすすめリンク

池袋で矯正治療をスタート

矯正治療を始めようと思っている方に、池袋のクリニックをご紹介します。悩みを解決しましょう。

銀座の美容サロンで全身脱毛その後は保湿ケアーも施術

銀座の脱毛サロンで全身脱毛を検討中!脱毛をした後の保湿ケアーも丁寧してもらえるのでお得です。

稲城市の歯科は虫歯治療だけじゃない

虫歯の治療だけでなく予防や歯列矯正など歯のオーラルケアに特化した稲城市内にある歯科のご紹介。

TOPへ戻る