ファクタリング企業とはどんな企業なの

>

資金調達に困難を感じている人のサポーター

ファクタリングとは

ファクタリングという言葉、とくに金融に関係することを検索すると登場されるようになりました。そのため金融取引に関係する言葉と認識している方も多いかもしれません。結論から言えば、確かに結果的には関係することもありましょう。しかし直接ではありません。
ファクタリングとは、債権の譲渡に係る契約のこと。具体的には、ある企業が持っている売掛金、売掛債権について、この債権を売買し、回収し、管理する業務をファクタリングというのです。
ファクタリングは、例えば売掛債権を持っているのに入金が遅れると貸し倒れする危険が生じます。こうした危険を回避するには、売掛債権の回収期限前でも現金化してしまうこと。ファクタリングによって債権を持つ側はすぐに現金を準備できるため、債務不履行などによる共倒れを防ぐことができるのです。

ファクタリング企業が行うこととは

ファクタリング企業は、企業や個人が保有する売掛債権を買い取る企業のことを指します。基本的なところ、売掛債権というのは商品やサービスなど提供した事項の支払を受ける権利をいいます。この売掛債権を持っていてもすぐに入金がされることは稀です。売掛金が入金されるには30日から60日かかることもあります。入金を待っていては資金繰りが上手くいかないという場合もあるでしょう。
ファクタリング企業では保有する売掛金を買取るため、すぐに資金を手にすることができます。ファクタリング企業が行うのはあくまでも債権の譲渡契約です。そのため銀行やノンバンクなどが行う融資などの金銭消費貸借契約とは違い、債権譲渡契約となります。また取扱う対象物も金銭ではなく権利となるのです。