ファクタリング企業とはどんな企業なの

>

ファクタリング企業が行っていること

買取型ファクタリング

ファクタリングの種類について、一般的なファクタリング企業が行っているのは買取型ファクタリングといわれるものです。買取型ファクタリングとは、売掛金を早期に現金化します。入金のタイミングは最短であれば即日、また契約後速やかに行われる特徴があります。買取型の目的そのものが資金調達であるため、入金のタイミングは速やかに行われるのです。
また買取型ファクタリングには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあります。2社と表現されているとおり2者間ファクタリングでは利用者とファクタリング企業の間の契約であり、3社間ファクタリングはそこに売掛先が入る契約です。
2社間ファクタリングでは直接契約のため手数料が高額になりがちですが即日入金を得やすく、一方3社間ファクタリングでは手数料が低いものの入金までに手続きを要し、時間がかかるデメリットが生じます。

保証型ファクタリング

ファクタリングにはもう1つ保証型というものがあります。これは名前通り保証のためのファクタリングであり、買取型ファクタリングとは目的が異なるものです。
保証型ファクタリングでは、売掛金が未回収になった場合、売掛金の回収が不能になった際にその保証料として利用されます。ですから、保証型はすぐに現金化したいと思っても回収されることはありません。売掛債権を持つ売掛先が何かのトラブルで支払えないとき、また倒産してしまい債権が貸し倒れてしまうという場合に保証金として入金されるものなのです。
経済の不安定な状況、さらに2026年を目途に廃止が予定されている約束手形に代わる新たな取引としてファクタリングは注目されており、事前に保証型ファクタリングを設定することで、共倒れを防ぐ効果を得ることができます。