猫アレルギーの人が猫と暮らすためのポイントとは?

ペット社会における猫の現状

アレルギー反応が起きてしまう仕組みとは

人間の体にはアレルギーの原因となるアレルゲンを貯めておくための器があると想像してみてください。
それがある時、いっぱいになって許容範囲を超えてしまうと免疫機能が暴走を始め、アレルゲンと免疫機能との間の攻防戦が必要以上に激しくなっていきます。
その結果アレルギー反応を起こして自分自身の体を攻撃し、様々な不調をもたらすことになってしまうのです。
本来なら免疫と言われるこの防衛機能によって私たちの体は健康な状態を保つことができるようになっているのですが、大気汚染や食生活の乱れなどの影響を受けやすい現代人は昔よりもアレルギーなどを発症しやすいデリケートな体質になっているという意見もあるようです。

発症するタイミングについて事前に知りおくことができない上に、一度発症してしまうと根治させることが難しいと言われているアレルギーは厄介な存在だと言うことができそうです。

アレルギーでもペットを飼うことはできる

アレルギー症状を抑えるためにはその原因となっているものを取り除くことが一番なのですが、もしもアレルゲンとなっているのが自分の可愛がっているペットだったとしたらどうでしょうか?
実家に預けたり知人に譲ったりという方法もありますが、大好きなペットと離れるという決断を簡単にできる人はいないと思います。
猫アレルギーをはじめとするペットアレルギーというものは、ある日突然発症してしまうことが多く、すでに一緒に暮らしていて家族の一員となりつつあるペットの存在がアレルギーの原因であると分かってしまったら愕然とすることになるでしょう。

ここではアレルギーを発症してしまったけれど大好きなペットとの暮らしも諦めたくないという人のために、アレルギーと上手に折り合いを付けながらペットライフを楽しんでいるという先人の暮らしぶりを見ていきたいと思います。


この記事をシェアする
TOPへ戻る