猫アレルギーの人が猫と暮らすためのポイントとは?

猫好きだけどアレルギーがあるという場合

発症しづらくするための環境づくり

もともとは猫アレルギーでなかったとしても、許容範囲を超えるアレルゲンに接してしまうことで発症してしまうというのなら、あらかじめ猫アレルギーの原因といわれる抜け落ちた猫の毛やフケ、唾液などの分泌物を減らす努力をしておくことで発症のリスクを減らして快適なペットライフを長続きさせることができるかもしれません。
部屋の中を自由に歩き回る猫のアレルゲンを手早く取り除くためにも、床はフローリングであることが望ましく常に掃除のしやすい状態に保っておくことが大切だといいます。
また空気中に舞い上がった毛やフケをできるだけ落ち着かせるために加湿器を使用するということも有効だと言われているようです。

そして免疫機能を上げるためには良質な睡眠を取ることが望ましいということから、猫アレルギーを持つ人は寝室に猫を入れるのはやめて熟睡できる空間を作っておいた方がいいでしょう。

猫アレルギーの人が猫を選ぶ際のポイント

人によって程度の違いはあるようですが猫アレルギーを引き起こす原因の代表例は猫から抜け落ちた毛だといいます。
そのため猫アレルギーの場合は毛が抜けにくいタイプの猫を選ぶようにすると暮らしやすくなるかもしれません。
猫アレルギーの原因となるアレルゲンを持ち合わせていない猫はこの世に存在してないといいますが、唾液や尿などの体液に含まれているアレルゲンの量は猫の種類によって若干ことなっているといいます。
猫アレルギーがあるのなら、アレルゲンが少ないと言われている種類の猫を選んで飼うというのもひとつの対策になるのではないでしょうか。
また猫のアレルゲンの量は男性ホルモンとかかわりがあることが研究結果から見えてきたというので、これから猫を飼うのならメスの猫にしておいた方がいいかもしれません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る